REVIVE 百式製作記4

どもです。

昨日は寒いくらいの気温だったのに、今日は暑い位でとても10月後半とは思えないくらい・・・
こんなに気温差があるとさすがにちょっとキツイです。
まぁ寒いのもイヤなんですけどね・・・

さて。久しぶりに百式の進捗。
と、これがほとんど進んでなくて・・・

ファイル_001

フロントアーマー裏や足首の肉抜きをエポパテで埋めたくらい。

で、なんでこれだけで記事にしたというと皆さんに聞きたいことがありまして。

自分はエポパテは金属ヤスリで削るのですが、目詰りがひどくてなかなか作業が捗らないのです。
もちろん、最初はナイフなのでおおまかに削ってからのヤスリがけです。
あとヤスリに詰まったパテもなかなか取り除くことが出来ないので、100均の安いヤスリで半分使い捨てのように。

いいヤスリなどがあれば教えてほしいです。
ヤスリに詰まったパテを取り除くいい方法とか・・・

ぜひぜひお願いします。

それから・・・
百式のゴールドを何使おうか迷っていたのですが、コレに決めました

ファイル_000

クレオスの9番ゴールド。
実は使ったことがなかったので評判もいいし、オーソドックスだしということで使ってみることにしました。
どんな感じに仕上がるのか気になるところですが、ゴールドの塗装はまだまだ先になりそうです。


それでは。
スポンサーサイト

 REVIVE 百式

6 Comments

10ku1  

こんにちは。
エポパのヤスリですが、自分はデザインナイフでざっと削った後
120番とかの布(紙)ヤスリでさらに大まかにやすり掛けしてから
鬼斬でガーーーーっとやってから各番のヤスリで整えるという方法が
主流です。 面倒な時とか時間がない時はやすりほうだい2で一気に
平滑にしてから各番という手抜きもありですねw

パテをヤスリ掛けするのに鉄ヤスリは正直、あまり向いてないんですよね…。
仰るように目詰まりがひどいんですよね…。
だから、鬼斬とかぐらいの目のタイプじゃないとヤスリがすぐにダメになる…。
という感じでしょうか? 後、目詰まりしたヤスリの除去に自分は目詰まり用の
金属ブラシを使ってます。 ホームセンターとかで100~500円程度で売られて
いるので、それらを使ってメンテというのもありかも。

メンテが面倒であれば、やすりほうだいを使った紙または布ヤスリでやっていく
ズボラ式がいいかと…。

2016/10/27 (Thu) 13:13 | REPLY |   

しばいつん  

ちは。
エポパテって指でこねてるので自分は使わないし
ポリパテばっかです。
10ku1さんの方が良く知ってらっしょいますね。
目詰まりは金属ブラシでこすりまくりですね。
ゴールドは普通のにしたんだ・・・。

2016/10/27 (Thu) 15:16 | REPLY |   

Tetsu  

10ku1さん

こんばんは。

なるほど~
とりあえず120か240番くらいの紙やすり買ってきます!
家には320番からしかないので。
やはりこまめに紙やすりを変えていくしかないですね~
あと金属ブラシも探してみます。

いつもありがとうございます!

2016/10/27 (Thu) 18:02 | EDIT | REPLY |   

Tetsu  

しばいつんさん

こんばんは。

自分はポリパテって使ったことがないのですよ。
使い勝手はどうですか?
エポパテもこんなものかなと思って使ってますが、
あまり使い勝手が好きではないのでそちらも気になります。

ゴールドは普通のにしました。
買いに行った時に百式ゴールドが置いてなかったということもありますが・・・
百式ゴールドはまたの機会に。

2016/10/27 (Thu) 18:06 | EDIT | REPLY |   

しばいつん  

ポリパテは主剤と硬化剤をヘラで
混ぜ込んでオレンジ色にします。
割と早く硬化するのでいいですし、
硬化しないうちに形を整えれば完全に硬化してからの
整形もしやすいと思います。
私はその後平彫刻刀でけずって
ペーパーなどでこすってます。
やっぱり、硬化時間が早いので私はよく使いますが
削ったりヤスったりしたときに削りカス・粉末が
良くでますけどね・・・。

2016/10/27 (Thu) 22:01 | REPLY |   

Tetsu  

しばいつんさん

こんばんは。

ありがとうございます。
どちらも一長一短あるかと思いますが、今度は使ってみようかと思います。
どちらが使いやすいかとかは人それぞれでしょうしね。
プラモ作るのもいろんなものが出回っていて何を使うのがいいのか悩みますね~

2016/10/28 (Fri) 18:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment